Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T3] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-10-23
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://crimeballet.blog107.fc2.com/tb.php/4-ae0e9620
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

クライムバレエ用語集Part1

■教界【組織】
 この世界を司るとされる組織。国々の自治・警備・管理などをその国家と連動して行う。この世界に当てはめれば公務員のようなモノと考えるとわかりやすい。それぞれの国家は各々で政事を取り仕切り、ルールを決め社会を形成しているが、その中でも教界のもつ影響力は強く政治や軍事に深く関与している。

■絶対神書(ぜったいしんしょ)【キーアイテム】
 教界の保有する世界のあらゆる事象が記されていると言われる巨大な剣。世界創生の際、守護龍の体の一部から産み落とされたとされており、神書には事象の記載とは別にそれぞれに固有の能力を有している。

神書は全部で幾つ存在しているのかは明らかにされておらず(守護龍の数が言明・証明されていない為)、『調和』の神書のみ教界に存在しない。
『調和』の神書が存在しない理由の諸説様々だが、一番濃厚な説としては『調和』の存在は世界の存続に関わる内容が記載されており、その内容に沿った事象を実現させない為に『調和』の龍が自らの背中を貫き体内に秘匿したとされる説がある。

尚、教界は世界の統制を神書の内容に沿う形で行っている。また、神書は教界では『リスト(もしくはシナリオ)』と呼ばれている。
『混沌』…左目より産み落とされた。
『調和』…所在不明
『炎魔』…腎臓より産み落とされた。
『天空』…心臓より産み落とされた。
『地王』…下顎左側奥の牙より産み落とされた。
『海神』…舌より産み落とされた。
『魔導』…右腕より産み落とされた。
『錬金』…左足より産み落とされた。『無』から『有』を生み出す『錬成』の力を持つ。


■十字架騎士団(クロシフィカル・シヴァレース)
 教界管轄の実働戦闘集団の総呼称。「我が罪を刻み込め、其の罰で刻み込め」の二つの意味から二つの信念を心に刻むことを具象化した印が十字架(通称サイン=オブ=ザ=クロス)であることからこの名前が付いた。4つのクラスに分けられ、それぞれに委ねられている任務、権利が在る。細かくは以下の通り。
 ☆法騎士(インペリアル)…教界の法を司る最高位の騎士。
 ☆聖騎士(パラディン)…各国に2名常駐する騎士。守騎士、騎士の上に立つ。
 ☆守騎士(バーサル)…各国に常駐する管理者。HolyOrder程の権利は有していないが、相応の権利を有し、騎士に比べて訓練が成されている精鋭。警察のようなことをメインに、様々な職務をこなす。…中間管理職?
 ☆騎士(ナイト)…教界に所属している人々を指す言葉。最下位に位置しているが、本当の意味で教界を支えているのはこのクラス。

 これ以外にも「Holy Order(ホーリーオーダー)」というエリート実働集団、「AdjusteR」、「CROSS CLOVER(クロス=クローバー)」という未確認の部隊もある。「AdjusteR」の存在を知ったものは例外なく始末されるとかなんとか。
またCROSS CLOVERは教界の根幹の部分に関わる存在であり東西南北の拠点に存在する「柱」の様なモノらしい。
ランクからいくと
法騎士=四葉の十字架≧AdjusteR>聖騎士≧H=Order>守騎士>騎士
…こんな感じ。

■Holy Orders(ホーリーオーダー)【組織・部隊】
 教界の中の実戦部隊の一つ。26人の選抜メンバーからなり、能力、経験等あらゆる面で優れた人材で編成される。メンバーにはアルファベットが与えられ、文字の早いほうから優秀であるとされている(「X」「Y」「Z」の3名は例外)。十字架を模した武器を持っていて、ホーリーオーダーの証しである所持している。常に26人メンバーが居るわけではなく、現在正式に登録されているのは11人。ちなみにマテリアは「E」のアルファベットを持つ。

■AdjusteR(アジャスター:調整者)【組織・部隊】
 教界が世界を管理する際、神書に記載されていない事象(イレギュラー)が発生した場合に事象内容を神書に記載された事象に変更、修正を行う存在。
AdjusteR自身は世界が自らをAdjusteRとして選出したと思い込んでいるが、実際は教界が『錬金』の神書の力を利用して作り出した存在である。
その力は絶大で国家間の戦争ですらも神書の内容通りに修正する程であるが、教界自体が秘匿している為、世間的にはその存在は認知されていない。
しかし、法騎士やCROSS CLOVER、一部のHoly Ordersにはその存在を知られており、対立関係にある。

■ギルド【組織】
 全世界に在る労働案内所の総称。この世界での労働は様々で土木・建築などの公共事業的なモノ・企業への人材斡旋など我々の世界に近いモノから、モンスター討伐・賞金首認定などファンタジーなモノまで様々。一応、非合法組織ではあるがギルドによって世界が回っていることも事実なので、黙認されている。あまりに度が過ぎる場合などは教界から監査が入ったり、政治的にマズい事例、国家や教界の驚異になりうる案件など圧力がかかったりする。そのため黙認されてはいるが、関係は険悪。国や地域によって運営する基盤は違うが、総本山的なモノは存在する。誰によって管轄されているかは、全くと言っていいほど知られていないにも関わらず、影響力は教界の権力に匹敵すると言われる。

守護龍
 世界の根源を司るとされている龍。現在、発見されているのは8頭。「混沌」「調和」「炎魔」「天空」「地王」「海神」「魔導」「錬金」の8頭。世界は様々なモノで形成されているので、数の把握は難しいとされる。これらの発見されている龍が何を理由に存在し、顕在化しているかは本人達もよくわかっていない(そもそも本当に存在しているか怪しい)。冠の言葉の意味も解っていないが、それ相応の意味を有すると言うことらしい。その存在は教界の絶対神書とリンクしている。
普段は自分で作った巣に籠もっていたり、存在次元をずらしたり、別の生き物に擬態したりして、ほとんど人前に姿を現さないばかりか、人間の姿をして社会にとけ込んでいるとされている。曖昧な表現が成されていることから、存在自体を怪しむモノもいるが「存在自体は間違いない」。龍から採取できる血液・鱗・牙・爪などから造られる武器は強度や威力に優れ、「D=ウエポン」と呼ばれ破格の金額で取引されている。こうしたことから龍にはギルド懸賞金が賭けられている。しかし相手は守護龍、発見も困難な上、人間如きが太刀打ちできるわけもないので幻の一品扱いとなっている。世間に知れ渡っている龍から取られたものから造られた武器は4つのみ。その4品には含まれないがフィオレンティーナの持つ「ガンブレイク」も龍の牙から造られているD=ウエポンの一つ。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T3] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-10-23
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://crimeballet.blog107.fc2.com/tb.php/4-ae0e9620
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。